您当前的位置: 首页 > 时尚

美国副总统拜登对防空圈一事深表忧虑

2018-11-28 11:35:51

美国副总统拜登对防空圈一事深表忧虑

北京で开かれた会谈で握手するバイデン米副大统领(左)と中国の习近平国家主席=2013年12月4日

在北京举行的会谈上握手的美国副总统拜登(左)和中国的国家主席习=2013年12月4日

【北京?石原圣】东アジア歴访中のバイデン米副大统领が4日、中国を访问し、习近平国家主席と北京で会谈した。会谈冒头、习氏は「新型の大国関系を作るため、米侧と共に努力する用意がある」と述べた。バイデン氏は「そのような関系は终的に信頼に基づかなければならない」と、まずは信頼関系の构筑が必要だとの认识を示した。中国が设定した东シナ海上空の防空识别圏について、米国侧が强い悬念を伝えたとみられるが、中国中央テレビによると、习氏は「原则的な立场」を説明し、理解を求めた模様だ。

正在进行东亚访问的美国副总统拜登在4号,对中国进行了访问,并同国家主席习举行了会谈。会谈初,习主席表示「为了构筑新型的大国关系,准备与美方共同努力。」拜登亦表达了双方必须构筑信赖关系的认识:「中美关系必须建立双方互相信任的基础上。」针对中国设定的东海上空防空识别圈一事,美国方面虽然向中方传达了「深切的担忧」,但是根据中国中央电视台的报道,习做出了「原则性立场」的说明,寻求美方理解的姿态。

会谈で习氏は、世界情势が「重大で复雑な変化を経験している」と强调。同テレビによると、朝鲜半岛问题やイラン核问题などについても意见を交わした。両者を含む少人数会谈は45分の予定だったが、约2时间に及んだ。

会谈中,习强调,世界局势「正在经历重大而又复杂的变化」。同样据中央台报道,双方还对朝鲜半岛问题以及伊朗和问题等进行意见交换。包括习与拜登在内的多人会谈原定为45分钟,但实际上进行了2小时。

防空识别圏を巡り、バイデン氏と安倍晋三首相は3日の会谈で「力による现状変更の试みは黙认しない」との认识で一致。これを受け、习氏に「现状を一方的に変えようという试みを深く悬念している」などと伝えたとみられる。

中方对于防空识别圈的巡视,拜登与安倍晋三在3日的会谈中达成如下共识:「对于试图使用力量去改变现状是不能被默认的。」受此影响,同时还向向习传达了「对(中方)试图单方面改变现状深表担忧」这样的思想。

また、防空识别圏设定で不测の事态が起きないよう、日本との间で危机管理の仕组みを构筑するよう呼びかけたとみられる。カーニー米大统领报道官は3日の会见で「米国は防空识别圏を运用しないよう中国に求める」と明言。「米国政府は中国による新たな防空识别圏の宣言を受け入れず、认めない」と述べていた。

另外,为了防止因为防空识别圈的设定而引发不测事态,拜登在日本访问期间还呼吁组织危机管理机构。白宫发言人卡尼在3日的招待会上明确表示「美国要求中方不实际使用防空识别圈。」「美国政府方面对于中方的防空识别圈宣言采取:不接受,不认同」。

元々バイデン氏は习氏と强いパイプを持ち、信頼関系构筑に力を入れてきた。今回の访中も、米中首脳が合意した「新型大国関系」进展に向けた协力を确认するのが主眼だ。

原本拜登氏就与习主席私交甚密,这就为信赖关系的构筑更加增添了一份力量。而这次的访华的主要任务也是为了确认日后如何共同协助发展、就中美双方首脑已经达成共识的「新型大国关系」的发展方向。

捕鱼达人
内外墙保温网格布
苹果树苗
推荐阅读
图文聚焦